工業デザイナー、宇田川信学(うたがわまさみち)“デザインの力”でニューヨークの地下鉄を再生させた日本人【夢の扉+】2013年5月5日: 「夢の扉」+産業科学などの情報ブログ。

スポンサーリンク

工業デザイナー、宇田川信学(うたがわまさみち)“デザインの力”でニューヨークの地下鉄を再生させた日本人【夢の扉+】2013年5月5日


ビンを吹いて音楽を奏でるグループ「Live Tastefully Bottle Symphony」が14日、地下鉄ユニオンスクエア駅の構内でクリスマス・ソングのライブ演奏を披露した。今回使用したのはオランダのビール、アムステル(Amstel)の空きビン。ビンに様々な分量の液体を入れることにより、ビンの口を吹いたときにそれぞれの音が奏でられる。オーケストラの伴奏にも盛り上げられ、平日のせわしない地下鉄構内に美しい音色が響き渡った。写真はビンを吹く同シンフォニーのメンバーたち。

ニューヨークの地下鉄というと、世界一危険な乗り物として世界的にもよく知られていた。
犯罪が多発するのは、地下鉄への落書きなどが放置されたままの悪い環境が影響しているというこどで
ジュリアーノ元ニューヨーク市長は、地下鉄に書かれたまま放置されていた落書きの撤去を徹底的に行った。
書かれても、書かれても、ドンドン、消去してゆく、それこそ「イタチごっこ」だったが。
根気良く「落書き」を消去したことにより、その後、犯罪も減っていったという。

夢の扉+
http://www.tbs.co.jp/yumetobi-plus/
2013年5月5日(日) 18時30分〜19時00分
“犯罪の巣窟”ニューヨークの地下鉄を再生させた日本人〜“デザインの力”で人々の行動を変え より良い社会をつくる!〜 
ヒラリー・クリントン、マドンナと並び、『過去25年間で、最も影響力のあるニューヨーカー100人』に選ばれた日本人がいる。
工業デザイナー、宇田川信学、48歳。
かつて、世界最悪と言われたニューヨークの地下鉄。
その再生を託された宇田川は女性も子供も安心して利用できる地下鉄に蘇らせた。
彼の手法は、警備員の増員や監視カメラの増設でもない。
それは、人々の行動をも変える「デザインが持つ力」。
「デザインの力で犯罪を減らすー」 でも、どうやって?落書き、車両破壊、窃盗…。
宇田川は、地下鉄構内をくまなく回り、人々の心理、あらゆる行動パターンを想定して問題点を探ったうえで、車両デザインを練った。
未知なる挑戦に挑む宇田川を支えたのは、『根気が無くなったら進歩がないよ』という父親の言葉。
溶接業を営む父。宇田川の原点は、この下町の町工場にあった。
宇田川信学
1964年東京都生まれ。千葉大学工業意匠学科卒業後、クランブルックアカデミーオブアート、アップルコンピュータ、IDEOを経て、97年シグリッド・モスリンガーと共に、「Antenna design New York」を設立。米国ID Review賞、IDEA賞など受賞。
http://www.antennadesign.com


TBS「夢の扉+」5月5日 #101「デザインの力で人々を幸せに!」

スポンサーリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

web analytics

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。