尼崎市音羽電機工業・吉田修社長【雷被害ゼロへ!】どこにでも設置できる移動式雷レーダーの開発【動画】【夢の扉+】2012年12月23日: 「夢の扉」+産業科学などの情報ブログ。

スポンサーリンク

尼崎市音羽電機工業・吉田修社長【雷被害ゼロへ!】どこにでも設置できる移動式雷レーダーの開発【動画】【夢の扉+】2012年12月23日


夢の扉+
http://www.tbs.co.jp/yumetobi-plus/
2012年12月23日(日) 18時30分〜19時00分
雷被害ゼロへ!人の命と生活を守る避雷器と雷レーダー開発〜落雷をピンポイントで予測

全国で、被害総額が年間2000億円にも及ぶといわれる自然災害、“雷”。
この自然災害に挑むのは、音羽電機の吉田修。
音羽電機が、開発・普及に取り組む物は、雷の「避雷器」。
「避雷器」とは、雷が屋内に入ってきた際に電気を逃し、家電製品等の故障を防ぐ。
“低コストで高品質”を実現した避雷器。
その技術は、東京スカイツリーや世界遺産の清水寺など日本を代表する建築物にも使われている。
今年8月、吉田にとって衝撃的な事故が起きた。
大阪の長居公園で野外コンサートを見に来ていた女性二人が落雷で死亡した・・。
『人の命を雷から守りたい』 強い想いに突き動かされた吉田は、落雷をピンポイントで予測でき、すぐに、どこにでも設置できる移動式雷レーダーの開発に取り掛かった。
情熱と根性で、年内の完成を目指すが、果たして・・・?
出演者
ドリーム・メーカー:兵庫県尼崎市 音羽電機工業 社長 吉田修(70)
音羽電機工業株式会社
本社 〒661-0021 兵庫県尼崎市名神町3-7-18
Tel. 06-6429-3541 Fax. 06-6426-0535
ホームページ http://www.otowadenki.co.jp/corp/

なお、音羽電機工業では、雷からアナタのPCを保護してくれる「雷プロテクター」も製造販売しています。
もし、PCに大電流が流れ込んだ場合には、PC内のデーターが破壊されてしまうのを保護してくれます。
「雷プロテクタ LAN用」
国土交通省 公共建築工事標準仕様書 適合品
国土交通省 建築設備設計基準 適合品
1パソコン、ネットワーク機器を保護
2 10BASE-T、100BASE-TX対応
3 シールドケーブルに対応
4 電耐量は250A(8/20μs)2回
5 取付部が可動式なので、盤内にも使用可能
6 RoHS対応
TBS「夢の扉+」12月23日 #85「"雷退治"世界一のテクノロジーを作る!」

落雷増え、雷実験施設に注目 尼崎の音羽電機工業



スポンサーリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

web analytics

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。